サプリメントの副作用

サイトマップ

サプリメントの副作用

この頃、サプリメントを常用しているという人がふえています。

サプリメントは軽い気持ちで体に必要な栄養が補充できるもので、現代人の食生活をサポートします。

医薬品とは異なり、食品に分類されるサプリメントは副作用のリスクが低いと考えられがちですが、副作用が全くないわけではありません。

サプリメントの副作用として代表的なものがビタミン過剰症です。過剰摂取をしても水溶性のビタミンであれば尿として対外に排出されます。

脂溶性のビタミンA、ビタミンD、ビタミンKなどは、脂肪組織への粘着性が高いので注意が必要です。

ミネラルサプリメントも、飲み方によっては飲み過ぎによる弊害が起きることがありますので、全体量を考えることが必要です。

特定のミネラルばかりを飲みすぎてしまうことがないよう、全体に気を配りましょう。

サプリメントを使っている人の中には、病院から処方された薬がある方もいるでしょう。


サプリメントと薬との飲みあわせで、問題が発生する場合もあります。

ビタミンCは、鉄排泄剤などと一緒に摂取することで、尿路結石ができる危険性があるといいます。

ビタミンEは、血流を改善する働きのあるものですが、

サプリメントで血栓防止薬や抗凝固剤などと一緒に摂取すると出血傾向が高まることがあるといいます。

副作用は、サプリメント単独では出なくても、薬の効果と合わせた時に体にあらわれてくるものもあります。

肌を保湿する方法

乾燥を防ぎ、保湿をきちんと行うことが肌のお手入れの基本です。どんな人でも家で簡単にできる保湿の方法があります。乾燥肌の人はもちろん、そうでない人も日々のスキンケアに是非取り入れたい方法です。

保湿のためには、化粧水の保湿成分が肌にしっかりしみ込むことです。ローションパックで肌の乾燥対策を行いましょう。額、おでこ、頬、顎に化粧水をしみ込ませたコットンを乗せてパックします。コットンはあらかじめ水につけてから軽くしぼっておきます。

これだけで効果的なローションパックをすることが可能です。大判のコットンを使って、何枚かに薄く裂いてから使うと効率的です。ローションパックによるスキンケアが注目されていることもあり、ローションパックが手軽にできるコットンも売り出されています。

コットンを皮膚に3分以上つけていると水分が逆にコットンに吸われるため、3分以上は肌につけておかないようにします。

保湿のためにはパックの後すぐにクリームでふたをすることです。化粧水が蒸発しないようにクリームをつけることは肌の保湿のポイントです。保湿の力を強化するには、保湿パックをする時に、ラップを使って水分の蒸発を防ぐことです。

パックの上からラップをすることで、15分ほどパックをしても、コットンが乾きません。

お風呂の中でローションパックをするのもいい方法です。パック後は美容液とクリームで顔にフタをしましょう。

お肌のコンディションを維持したいという人は、保湿パックを入念に行うといいでしょう。

「エステティックサロンで永久脱毛」について

エステティックサロンで永久脱毛をする際の注意点などをご紹介していきます。

Copyright © エステティックサロンで永久脱毛. All rights reserved